メニューをスキップします

現在位置 : ホーム > 防災・防犯・復興関連 > 復興関連・被災者支援 > 東京2020オリンピック・パラリンピック

東京2020オリンピック・パラリンピック関連

更新日:2020312

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に関連して、岩沼市で行われるイベント等を紹介します。

目次

イベント情報

5月23日 千年希望の丘相野釜公園で東京2020NIPPONフェスティバルが開催されます。

東京2020NIPPONフェスティバルとは、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、全国で繰り広げられる文化の祭典です。そのうち「東北復興」をテーマにした「しあわせはこぶ旅 モッコが復興を歩む東北からTOKYOへ」というプログラムが、千年希望の丘相野釜公園内で行われます。

当日は、東北の子ども達とのワークショップを通じて生まれた巨大人形「モッコ」が、各会場で預かる、人々のメッセージを世界に発信します。(岩沼市で行われたワークショップの様子はコチラ

開催日:令和2年5月23日(土)

会 場:岩沼市千年希望の丘相野釜公園

※「しあわせはこぶ旅 モッコが復興を歩む東北からTOKYOへ」は、5月9日(土)に岩手県、6月13日(土)に福島県でも開催されます。

※詳細は東京2020NIPPONフェスティバル公式ホームページをご覧下さい。

 

6月22日 岩沼市に聖火リレーがやってきます。(3月11日追記)

岩沼市は6月22日に、以下の2箇所で聖火リレーが行われます。

①千年希望の丘相野釜公園内にある2号丘、慰霊碑周辺

②千年希望の丘二野倉公園8号丘頂上から玉浦西楽々公園

ルートの詳細は東京2020オリンピック聖火リレー公式ホームページをご覧下さい。

また、岩沼市にゆかりのある方で、宮城県内を走行するランナーは、井口經明さん、佐々木晃さん、鈴木実々さんの3名です。

井口經明さん、鈴木実々さんは岩沼市内を、佐々木晃さんは仙台市内を走行する予定となっています。(3月11日追記)

ぜひ、みんなで聖火ランナーを応援しましょう!

 

新着情報

3月6日~8日 南アフリカにて日本文化祭が開催されました。

3月6日(金)~8日(日)にかけて、南アフリカ共和国のショッピングモールにて日本文化祭が開催されました。

会場では在南アフリカ日本国大使館のブースが設置され、南アフリカのホストタウンである、岩沼市、町田市(東京都)、飯塚市(福岡県)の紹介とともに、ホストタウン広報ポスターを掲示していただきました。

在南アフリカ日本国大使館によれば、メインステージで行った武道や文化デモンストレーションの都度、ホストタウンの取組についても言及することで、多くの来場者の方に発信できたとのことです。

関係者の皆さま、情報発信にご協力いただき、ありがとうございました!

日本文化祭の様子

各ホストタウンのパンフレット等の設置

在南ア日本国大使館に作成していただいた岩沼市の広報ポスター

 

1月19日~24日 岩沼市長が南アフリカを訪問しました。

1月19日(日)~24日(金)、岩沼市長が南アフリカを訪問しました。

市長は、在南アフリカ日本国大使館(20日)、南アフリカスポーツ連盟・オリンピック委員会(SASCOC)及び各種競技団体(21日)、クロフォード校(22日)、レスキュー・サウスアフリカ(22日)を訪れ、東日本大震災からの復興支援への感謝を伝えるとともに、今後の南アフリカとの交流について、意見交換を行い、「感喜」「感動」「感謝」と書かれた色紙を贈呈しました。

この色紙は、文字は市内在住の高校生合川礼菜さん、押し花の装飾は「九良楽の窓」を主宰する鈴木九良子(すずきくらこ)さんの制作によるものです。

また、クロフォード校では、岩沼小学校の生徒とクロフォード校の生徒がテレビ会議で交流を行ったほか、記念として「千年希望の丘」をモチーフにした絵本「きぼうのおか~千年先のきみへ~」を贈呈しました。贈呈した絵本は、後日クロフォード校で年長の生徒が年少の生徒へ読み聞かせを行ったとのことです。

渡航の詳細はコチラPDFファイルをご覧下さい。

なお、南アフリカ訪問の様子は以下のページでも紹介されています。

1月22日 岩沼小学校と南アフリカのクロフォード校の生徒がテレビ会議で交流を行いました。

1月22日(水)、岩沼市長の南アフリカ渡航に合わせ、岩沼小学校の6年生と、南アフリカのクロフォード校の生徒が、テレビ会議で交流を行いました。両国の生徒は、お互いの国の国歌を歌ったり、お互いのまちを紹介したりして、交流を深めました。

「南アフリカには岩沼係長のようなゆるキャラはいないんですか」「岩沼小学校には制服はないのですか」といった質問も飛び出し、参加した生徒からは、「楽しかった」「東京オリンピックでは南アフリカも応援したい」などの声があがり、笑顔あふれる交流となりました。

 

なお、交流の様子は以下のページでも紹介されています。

 

12月4日、岩沼市長が南アフリカの駐日特命全権大使と懇談しました。

12月4日(水)、岩沼市長は在日南アフリカ共和国大使館を訪問、ルラマ・スマッツ・ンゴニャマ駐日特命全権大使と懇談し、復興支援への感謝を伝えるとともに、ラグビーワールドカップ2019日本大会での南アフリカ共和国の優勝を祝いました。

「南アフリカは5000万人の人口の国だが、岩沼市は40,000人の市である。我々なりの応援をして、交流を深めていきたい。」と述べた岩沼市長に対し、ンゴニャマ大使は、「人数ではなく、気持ちが大切である。気持ちの深さ、大きさがありがたい。心よりお礼を申し上げる。」と述べられました。

岩沼市長は、12月13日に開催された在日南アフリカ共和国大使館主催の優勝祝賀会にも招待され、改めてラグビーワールドカップ2019日本大会の南アフリカの優勝を祝いました。

優勝祝賀会でのルラマ・スマッツ・ンゴニャマ駐日特命全権大使と岩沼市長

 

11月23日、24日 「復興『ありがとう』ホストタウン」に関するパネルを展示しました。

11月23日(土)、24日(日)、NHK仙台放送局主催の会館公開<東京2020公認プログラム>「Nスポ!2019-SENDAI-」イベントにて、岩沼市の「復興『ありがとう』ホストタウン」南アフリカ共和国に関するパネルの展示が行われました。パネル展示のほかにも、アスリートによるパフォーマンスや、「3x3バスケットボール」「スポーツクライミング」「ブラインドサッカー」といったスポーツの競技体験ができ、2日間でおよそ3,000人の来場があったとのことです。(主催者発表)

主催:NHK仙台放送局

後援:宮城県サッカー協会

問い合わせ:NHK仙台放送局

 

優勝おめでとう!南アフリカ共和国!!!

令和元年9月20日から11月2日まで行われたラグビーワールドカップ2019日本大会において、南アフリカ共和国は決勝戦でイングランドを破り、1995年、2007年に続き3回目の優勝を果たしました!

11月2日に行われた決勝戦は、南アフリカ応援連絡会の方々が玉浦西の集会所に集まり、テレビ観戦をしながら南アフリカを応援しました。

ブブゼラやスティックバルーンを手に応援しました。

優勝おめでとう!!南アフリカ共和国!!!

これからも岩沼市は、市をあげて南アフリカ共和国を応援していきます。

ラグビーを通しての交流の様子(まとめ)はコチラPDFファイルから。

 

「復興『ありがとう』ホストタウン」ポスターを市内に掲示しました!

岩沼市内在住の動物イラストレーター大友浩一郎さんの協力により、「復興『ありがとう』ホストタウン」のポスターを作成し市内に掲示しました。

なお、ポスターは、南アフリカ共和国の動物シリーズ11作品となっています。

ケープヤマシマウマPDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

ケープエランドPDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

キングチーターPDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

ラウ・クアッガPDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

アフリカゾウPDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

ブチハイエナPDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

ライオンPDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

ヒョウPDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

カバPDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

アフリカラーテルPDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

ミーアキャットPDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

※動物の名前をクリックすると各々のポスターを見ることができます。

 

市役所2階市民ホールに1964年東京オリンピックの聖火リレーのトーチ・ユニフォームを展示しました

 市役所2階市民ホールに、1964年東京オリンピック聖火リレーのトーチ(協力:日下光雄氏)、ユニフォーム(協力:菊地正則氏)を展示しました!貴重な当時の写真も展示してあります。ぜひ見に来てください!

 

(宮城県)オリンピック聖火リレーランナーの募集が始まりました ※受付は終了しました。

 東京2020オリンピック聖火リレー宮城県実行委員会では、障がいの有無に関わらず、宮城県にゆかりのある多くの方を対象とした、オリンピック聖火リレーランナーを募集しています。

聖火リレーは令和2年6月20日(土)から22日(月)の3日間、宮城県で実施され、3日目となる6月22日に岩沼市を通ります。

  • 募集期間:令和元年7月1日(月)から8月31日(土)まで
  • 募集人数:65人程度

申込方法:最寄りの市町村及び県地方振興事務所(地域事務所含む。)で配布のリーフレット、または、特設ウェブサイトをご確認ください。岩沼市では復興創生課(市役所5階)などで配布しています。

問:宮城県聖火ランナー募集コールセンター(0570-200-161)

 

市役所2階市民ホールに南アフリカ共和国からいただいたサッカーボール等を展示しました

 市役所2階の市民ホールに、「復興『ありがとう』ホストタウン」南アフリカ共和国のレスキュー・サウスアフリカから、東日本大震災時にいただいたメッセージ入りのサッカーボールや盾を展示しました。

ぜひ見に来てください!

このページに関するお問い合わせは、復興創生課まで
〒989-2480 岩沼市桜一丁目6番20号 電話:0223-22-1111 FAX:0223-24-0897
メールフォームヘ

復興創生課