メニューをスキップします

現在位置 : ホーム > 健康・福祉 > 民生委員・児童委員

地域の身近な相談役 民生委員・児童委員

更新日:2021123

民生委員・児童委員は地域住民の「身近な相談相手」、「支援へのつなぎ役」です。

 ご自身の悩み、地域で気になることがあったら、民生委員・児童委員にご相談ください。

民生委員・児童委員とは

 厚生労働大臣から委嘱された、特別職の地方公務員(非常勤)です。任期は3年です(再任可)。ボランティアとして活動するため報酬はありません。地域の実状をよく知り、福祉活動やボランティア活動などに理解と熱意のある方が、地域からの推薦により市、県の審査を経て委嘱されています。

 社会福祉の増進のために、地域住民の立場から担当区域内において生活や福祉全般に関する相談・援助活動、関係機関との連携などを通して市民の方々の福祉の向上につながる活動をしています。

 また、民生委員は児童福祉法によって児童委員も兼ねており、妊娠中の心配ごとや子育ての不安に関する相談・援助など子どもの健全な育成につながる活動もしています。

 民生委員・児童委員の定数は、地区の世帯数に応じて決定されており、岩沼市の民生委員・児童委員は84名、主任児童委員は4名となっております。

主任児童委員とは

 特定の担当地区を持たず、児童福祉に関する活動を専門に担当しています。いじめ・不登校・児童虐待など相談内容に応じて、地域の関係機関と連携を図り、地域担当の児童委員の活動をサポートしています。

岩沼市民生委員・児童委員協議会  

 民生委員・児童委員の活動を支える組織として設置され、岩沼市内の民生委員・児童委員すべてが所属して活動しています。 毎月一回の定例会や研究部会などで、民生委員・児童委員それぞれの活動を通じて把握する地域の課題を共有し、対応方法について検討したり、委員同士の学習の場として研修を実施したりします。

<報告> 

◎「ゲートキーパー養成講座」

 日時:令和3年11月26日(金)午前10時00分から

 場所:勤労者活動センター 多目的ホール

 内容: 国や岩沼市の自殺者の現状や事例、ゲートキーパーの役割・対応について学びました。その後、ロールプレイを通し、傾聴などの対応方法も学び、今後の民生委員児童委員活動に役立つ研修となりました。

 ☆ゲートキーパ―のキーワード☆  「気付き」 「傾聴」 「つなぎ」 「見守り」

   

◎定例会

 日時:令和3年11月26日(金)午前10時45分から

 場所:勤労者活動センター 多目的ホール

 内容:・新任民生委員児童委員の紹介

 ・社会福祉協議会からのお知らせ(アンケート結果報告)

 ・防災課からのお知らせ(アンケート結果報告、マイタイムラインについて)

 ・介護福祉課からのお知らせ(敬老祝い金について)

 ・民児協からのお知らせ(地区活動費について、次回定例会について、他)

 

これまでの定例会報告

令和3年5月定例会(229KB)(PDF)

令和3年6月定例会(257KB)(PDF)

令和3年7月定例会(168KB)(PDF)

令和3年9月定例会(206KB)(PDF)

令和3年9月研究部会(374KB)(PDF)

令和3年10月定例会(220KB)(PDF)

令和3年10月中学校区別研修会(131KB)(PDF)

 

岩沼市内の民生委員・児童委員の紹介

新しく民生委員児童委員が委嘱されました。

令和3年10月11日付けで厚生労働大臣から民生委員児童委員が委嘱され、菊地市長から委嘱状が伝達されました。

 ↑ 宇津井 良子さん  担当地区:千貫団地
 

岩沼市の民生委員・児童委員・主任児童委員

民生委員児童委員・主任児童委員(写真)PDFファイル

このページに関するお問い合わせは、社会福祉課まで
〒989-2480 岩沼市桜一丁目6番20号 電話:0223-22-1111 FAX:0223-24-0897
メールフォームヘ

社会福祉課