メニューをスキップします

背景色の変更:

文字サイズの変更:

岩沼市

現在位置 : ホーム > 健康・福祉 > 健康づくり > 健康に関するお知らせ > 「暑さをしのげる公共施設」をご利用ください!

「暑さをしのげる公共施設」をご利用ください!

更新日:2023616

「暑さをしのげる公共施設」をご利用ください! 

 市では熱中症の予防と熱中症による健康被害を防ぐため、市の施設12か所を「暑さをしのげる公共施設」として設置します。気温が高い日は、涼しい公共施設で一休みしませんか?

※「暑さをしのげる公共施設」…気温が高い日に冷房が効いており、市民の皆さまが自由に出入りできるホール等がある施設

暑さをしのげる公共施設一覧

いわぬま交流プラザ、グリーンピア岩沼、市民会館・中央公民館、市民図書館、総合体育館(ビッグアリーナ)、総合福祉センター(iあいプラザ)、玉浦コミュニティセンター、南部地区総合福祉プラザ(みなみプラザ)、西コミュニティセンター、ハナトピア岩沼、勤労者活動センター、千年希望の丘交流センター

実施期間:6月14日から9月30日まで

※各施設の開館日・開館時間をご確認の上、ご利用ください。

 

熱中症とは

 「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく、室内で何もしていないときにも発症する危険性があります。暑さやのどの渇きを感じにくいご高齢の方や、体温調節機能がまだ十分に発達していない子どもは、特に注意が必要です。

 
 

熱中症予防のポイント

〇暑さを避ける
 室内では、扇風機やエアコンを利用し温度を調節しましょう。部屋の温度、湿度を確認できるようにしておきましょう。
 屋外では、日傘や帽子、ハンディファンやアイスリング等を利用し、体に熱が溜まらないようにしましょう。また、天気に合わせ、通気性がよい涼しい服装を心がけましょう。
 
 
○こまめに水分を補給する
 のどが渇く前に水分補給をしましょう。ふだんの水分補給は水かお茶で、運動時や汗をかいたときは塩分を含むスポーツドリンクや経口補水液を摂取しましょう。1日あたりの水分摂取量としては、1.2L(コップ約6杯分)が目安です。起床後や入浴の前後にも意識して水分補給をしましょう。
 
〇その日の熱中症警戒レベルを確認しましょう
 環境省がその日の熱中症警戒レベルを更新しています。熱中症警戒アラートを確認し、アラート発表時は特に注意するように意識しましょう。
 
 
 
 
 
熱中症予防のためにPDFファイル(252KB)
 
熱中症予防のための情報・資料サイト(厚生労働省)
 
熱中症警戒アラート(環境省)
 
 
 

このページに関するお問い合わせは、健康増進課まで
〒989-2480 岩沼市桜一丁目6番20号 電話:0223-23-0809(保険年金係)、0223-23-0410(予防衛生係)、0223-23-0794(健康対策係)、0223-23-0455(新型コロナワクチン接種係)
メールフォームヘ

健康増進課