メニューをスキップします

現在位置 : ホーム > 観光・文化財 > 観光ガイド

観光ガイド

更新日:20171027

岩沼って、どんな街?

岩沼市は仙台市の中心部から南へ18kmのところに位置する街です。

千年の昔から「東北を旅する人々は必ず岩沼を通る」とも言われ、江戸時代には東(あずま)街道、奥州(おうしゅう)街道、陸前浜街道(りくぜんはまかいどう)といった旧街道の「宿場町」として賑わっていたと伝えられており、(日本三稲荷のひとつ)竹駒神社の「門前町」や岩沼藩3万石の「城下町」として、さらには阿武隈川を行き交う水運の拠点としても栄える街でした。

現在も国道4号線と6号線、JRの東北本線と常磐線がそれぞれ合流する地点となっていて、仙台空港や仙台東部道路(常磐自動車道から直結する高速道路)とともに、東北地方の交通の要衝として知られています。

かつては松尾芭蕉や司馬遼太郎など、「旅の達人」と呼ばれる方々もこの街を訪れ、句や紀行文を記しています。
今も昔も人々が集い、行き交う街。岩沼市へようこそ!

 

岩沼市観光PR映像が完成しました

「いわぬま健幸大使」を務める俳優の西村雅彦さんにご出演いただき、岩沼市の立地や魅力、観光スポットなどをPRするCM映像が完成しました。
この映像は平成28年2月から3月にかけて実施した「あぶくまリバーサイドにぎわい創出事業」の一環として、常磐自動車道沿線を中心とした映画館(計12箇所)で放映されたものです。
宮城を舞台にした映画「殿、利息でござる!」や、今年の大河ドラマへの出演でも注目を集める西村さんの名演(怪演?)を、ぜひご覧ください。

 

岩沼市と亘理町を巡るドライブルートが「Highway Walker」に掲載されました

阿武隈川を挟んで隣どうしに位置し、仙台東部道路でつながる岩沼市と亘理町を周遊するドライブルートの紹介記事が、高速道路のサービスエリア・パーキングエリアで無料配布されている情報誌「Highway Walker」(東日本版・2016年4月号)に掲載されました。
「春を探しに出かけよう 宮城県南ドライブ」と題した記事は、神社、カフェ、温泉、イチゴなど、春を彩る観光名所と味覚が満載のルートになっています。
なお、この記事をはじめとした「Highway Walker」の内容はNEXCO東日本のホームページでもご覧いただけます。

(※上記のページから「Highway Walker 東日本」→「バックナンバー」→「2016年発行」→「4月号」でご覧ください)

 

岩沼市への交通アクセス

東北新幹線をご利用の場合:
・仙台駅で在来線(東北本線または常磐線)に乗換え、岩沼駅まで約20分

自動車(高速道路)をご利用の場合:
・仙台東部道路(常磐自動車道に直結しています)・岩沼インターから市街地まで約5分
・東北自動車道・仙台南インターから市街地まで約30分

飛行機(仙台空港)をご利用の場合:
・仙台空港から市街地まで自動車で約15分
・「仙台空港アクセス鉄道」から名取駅で東北本線または常磐線に乗換え、岩沼駅まで約30分
(※名取駅での乗換え時間によって変動があります)

 

 

 

 

観光パンフレットのダウンロード

ぎゅっといわぬま図鑑 

各ページ一覧

     

観光スポット情報

市内の観光スポット情報は、こちらのページでご確認ください。

 

岩沼物語フォトコンテスト(観光写真コンクール)

岩沼物語フォトコンテスト(観光写真コンクール)の情報は、こちらのページでご確認ください。

このページに関するお問い合わせは、商工観光課まで
〒989-2480 岩沼市桜一丁目6番20号 電話:0223-22-1111 FAX:0223-24-0897
メールフォームヘ

商工観光課