メニューをスキップします

現在位置 : ホーム > くらし・手続き > 税金・保険料 > 後期高齢者医療保険料

後期高齢者医療保険料

更新日:202072

新型コロナ­ウイルス感­染症の影響­による後期­高齢者医療­保険料の減­免について

 

後期高齢者医療保険の被保険者

後期高齢者医療制度の対象となる方(被保険者)は、75歳以上の方と一定の障害がある65歳以上75歳未満で宮城県後期高齢者医療広域連合の認定を受けた方です。

 

保険料の算定

宮城県の保険料(限度額64万円) = 均等割額(被保険者1人当たり42,240円) + 所得割額(賦課のもととなる所得【※1】×所得割率7.97%)

※1 賦課のもととなる所得とは、前年の総所得金額・山林所得金額・他の所得と区分して計算される所得の金額の合計から、基礎控除33万円を控除した額です(ただし、雑損失の繰越控除分は控除されません)

令和2年度の後期高齢者医療保険料

  • 所得割率:7.97% 
  • 均等割額:42,240円
  • 限度額:64万円

 

保険料の軽減

 被保険者および世帯主の所得に応じて、保険料の軽減があります。

均等割額の軽減

 世帯内の被保険者全員および世帯主の所得の合計額をもとにした軽減があります。

 

会社の健康保険の被扶養者(扶養主ではありません)であった方の軽減

 後期高齢者医療制度に加入する前日まで会社の健康保険等の (国保・国保組合は除きます)被扶養者であった方を対象とした軽減があります。   

 

保険料を滞納すると

 督促状や催告書が送付されたり、税と同様に滞納処分を受ける場合があります。
また、特別な理由がなく保険料を滞納した場合は、通常の保険証より有効期間の短い保険証(短期被保険者証)が発行されます。

 

便利な口座振替がおすすめです

 納付書で納付する方につきましては、納期限までの納付をお忘れないよう便利な口座振替をおすすめします。口座振替を利用したい方は、振替口座の通帳・届出印鑑、納付書を持参のうえ、取扱金融機関の窓口で手続きください。

これまで国民健康保険税等を口座振替されていた方でも、新たに後期高齢者医療保険料の口座振替の申し込みが必要となります。

 

東日本大震災に係る保険料の減免

 令和2年度につきましては、『原子力災害対策措置法の規定により避難または退避等を行っている』 場合のみ減免の対象となります。

 

保険料の給付について

 

保険料の全般について

このページに関するお問い合わせは、税務課まで
〒989-2480 岩沼市桜一丁目6番20号 電話:0223-22-1111 FAX:0223-22-2163
メールフォームヘ

税務課