メニューをスキップします

現在位置 : ホーム > くらし・手続き > ごみ・リサイクル・廃棄物処理 > スプレー缶は使い切ってから穴を開けずに「有害・危険ごみ」へ | 岩沼市

スプレー缶は使い切ってから穴を開けずに「有害・危険ごみ」へ

更新日:20181226

スプレー缶の廃棄方法について

スプレー缶には可燃性のガスが使用されているため中身が入った状態で廃棄すると周囲の火種によって引火し、爆発する危険性があります。

スプレー缶は必ず使い切り、穴を開けずにコンテナ内に出すようにお願いします。

分別方法は平成28年4月版のごみの出し方・分け方PDFファイル(1628KB)このリンクは別ウィンドウで開きますでご確認ください。

 

(注)平成28年4月版よりも古い案内冊子ではスプレー缶は穴を開けて捨てるよう記載されていますが、出し方が変更されましたので、必ず使い切って、穴を開けずに廃棄するようにお願いします。

このページに関するお問い合わせは、生活環境課まで
〒989-2480 岩沼市桜一丁目6番20号 電話:0223-22-1111 FAX:0223-22-1264
メールフォームヘ

生活環境課