メニューをスキップします

現在位置 : ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長挨拶・プロフィール > 市長挨拶 | 岩沼市

市長挨拶

更新日:2020225

「復興」から「地方創生」へ

市長写真

 宮城県岩沼市長 菊地 啓夫

東日本大震災からの復興については、これまで、市民の皆さまや多くの関係者の皆さまのご理解とご協力を賜りながら、まさに市が一丸となって取り組み、復興の完成に向けた道筋が見えてまいりました。

しかしながら、引き続き支援が必要となる被災者に対する心のケアや、或いは新たな課題として対応が求められている災害公営住宅の家賃等の問題など、被災者の方々の真の自立に向けたソフト面における様々な課題が残されております。

国、県などの復興計画期間が10年間であるのに対し、本市の計画期間は7年間としており、この差の3年間において、残る様々な課題に本腰を入れて取り組み、そして、被災者の皆さまに、安定した張りのある生活を一日でも早く取り戻していただくことで、より高いレベルでの復興の完成を目指してまいりたいと考えております。

今後は、復興の総仕上げに併せて、「住みたい 住み続けたいまち岩沼」を目指し、地方創生に取り組み、市域全体の均衡ある発展につなげてまいりたいと考えております。

本市は震災復興から地方創生へと軸足を移していくことになりますが、高齢者や子どもたちを地域ぐるみで見守っていくことにより、安心して暮らし、子育てができる、そして、市民誰もが住み続けたいまちであると思っていただけるような、夢と誇りと元気と賑わいに満ち溢れたまちづくりを目指してまいります。

皆様には変わらぬご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

このページに関するお問い合わせは、政策企画課まで
〒989-2480 岩沼市桜一丁目6番20号 電話:0223-22-1111 FAX:0223-24-0897
メールフォームヘ

政策企画課