メニューをスキップします

現在位置 : ホーム > くらし・手続き > ペット・動物 > 鳥インフルエンザについて | 岩沼市

鳥インフルエンザについて

更新日:2019626

鳥インフルエンザについて

鳥インフルエンザとは、鳥類がA型インフルエンザウイルスに感染して起こる病気です。

野鳥観察など通常の接し方では、ヒトに感染しないと考えられています。

日常生活において「手洗い、うがい」をすれば過度に心配する必要はありません。

詳しくは、宮城県ホームページ「高病原性鳥インフルエンザとは?(外部サイトへリンク)」このリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

 

野鳥との接し方について

  • 死亡した野鳥など野生動物は、素手で触らないでください。
  • 日常生活において野鳥など野生動物の排泄物等に触れた後には、手洗いとうがいをすれば、過度に心配する必要はありません。
  • 野鳥の糞が靴の裏や車両に着くことにより、鳥インフルエンザウイルスが他の地域へ運ばれるおそれがありますので、野鳥に近づきすぎないようにしてください。特に、靴で糞を踏まないよう十分注意して、必要に応じて消毒を行ってください。
  • 不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとするのは避けてください。

環境省による「野鳥との接し方」PDFファイル(66KB)このリンクは別ウィンドウで開きますもご覧ください。

 

死亡した野鳥を発見した場合について

野鳥には、鳥インフルエンザだけでなく細菌や寄生虫などの可能性がありますので、死亡した野鳥には素手で触らないでください。また、野鳥はビニール袋などに封入し、一般ごみとして処分することができます。

 

外傷などがなく、死因がわからない鳥が密集して死んでいた場合には、

岩沼市市民経済部生活環境課 電話0223-22-1111内線333

または、宮城県仙台地方振興事務所 林業振興部 電話022-275-9253 にご連絡ください。

 

宮城県の相談窓口

「鳥インフルエンザに関する相談窓口(外部サイトへリンク)」このリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

 

農家の皆さま(家畜や養鶏に関すること)

岩沼市市民経済部農政課 電話0223-22-1111内線313

または、農政課ホームページ「野鳥との接し方について」をご覧ください。

 

関連サイト

このページに関するお問い合わせは、生活環境課まで
〒989-2480 岩沼市桜一丁目6番20号 電話:0223-22-1111 FAX:0223-22-1264
メールフォームヘ

生活環境課