現在位置 : ホーム > 観光・文化財 > 文化財 > みんなで守ろう 文化財!

みんなで守ろう 文化財!

更新日:2020729

毎年1月26日は文化財防火デーです!

昭和24年1月26日に、世界的な文化遺産である日本最古の壁画が描かれた奈良県の法隆 寺金堂が焼損しました。
  文化庁・消防庁では、文化財を火災や震災、その他の災害から保護するとともに、国民一般の文化財愛護思想の普及・高揚を図ることを目的として、昭和30年に「文化財防火デー」を定め、全国的に文化財防火運動を展開しています。
 
  わたしたちのまち 岩沼でも平成2年11月21日の早朝、市指定文化財であった竹駒神社社殿(本殿、拝殿、幣殿)が放火により焼損したという苦い思い出があります。このこともあり、文化財防火デーを推進します。
竹駒神社 防火訓練写真
文化財火災の特徴は?
  出火原因の多くは、放火・焚き火によるものです。
防火のポイントは?
 ●放火防止対策
   関係者による巡回警備、敷地内での整理整頓、夜間照明の設置、地域住民との協力関係の構築など、放火されない環境づくりを。
  ●火気の管理を
   火気は消火の確認を行い、また火気使用の際には火災予防上安全な距離で、消火準備を怠らないなどの対策を。
防火デーイラスト

  先人が守ってきたかけがえのない貴重な財産を後世に伝えるため、地域ぐるみで災害を防ぎましょう。皆様のご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせは、生涯学習課まで
【生涯学習係・スポーツ振興係】〒989-2427 岩沼市里の杜一丁目2-45 電話:0223-23-0844
【文化財係】〒989-2448 岩沼市二木二丁目8-1 電話:0223-25-2302
メールフォームヘ

生涯学習課