メニューをスキップします

現在位置 : ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > いわぬまダイアリー2020年2月(2) | 岩沼市

いわぬまダイアリー2020年2月(2)

更新日:202039

高機能消防指令センター運用開始式

指令センター運用開始 指令センター運用開始

指令センター運用開始 指令センター運用開始

2月26日(水曜日)、あぶくま消防本部で「高機能消防指令センター運用開始式」が行われました。
岩沼市、亘理町、山元町の119番通報を、あぶくま消防本部で一括して受信することで、通報の現場に一番近い消防車や救急車を出動させることが可能になりました。
このシステムは高度なITを駆使しているため、通報の内容から災害の種類・規模を決定し、出動車両の自動編成をするなど、防災体制の強化につながります。
また同日には、(株)仙南測量設計と協定を結び、災害時にドローンを使った救助活動が可能になりました。

 

冬の尾花沢体験交流

冬の尾花沢体験交流 冬の尾花沢体験交流 

2月22日、23日(土、日曜日)、友好都市である山形県尾花沢市で「冬の尾花沢体験交流」が行われ、市内の小学4~6年生19人が参加しました。
この事業は岩沼市と尾花沢市の交流事業で、児童はソリ滑り、鶴子地区での民泊、そば打ち体験などを楽しみました。
そば打ち体験では、はじめてそば打ちを行う児童が多く、講師のおばねそば打ち愛好会の皆さんにていねいに指導いただきました。
参加した児童は「そばが美味しかった」「民泊が楽しかった」と話し、地域の皆さんとの親交が深まる機会となりました。

 

防災指導員・防災士意見交換会

防災指導員・防災士意見交換会 防災指導員・防災士意見交換会

2月20日(木曜日)、総合体育館で「県防災指導員・防災士意見交換会」が行われ、79人の方が参加しました。
台風19号の対応状況や白石市の西益岡地区の取り組みを学び、参加者の各地区で避難行動要支援者の避難支援にどのように取り組んでいるか、困っていることは何かをグループに分かれて議論しました。
グループごとの議論では、工夫している点にも話が及び、参加者から「非常時にはスマートフォンを活用したメッセージ機能を使う」、「地図に浸水箇所を独自に落とし込んでいる」などの声が聞かれました。

このページに関するお問い合わせは、さわやか市政推進課まで
〒989-2480 岩沼市桜一丁目6番20号 電話:0223-22-1111 FAX:0223-22-2143
メールフォームヘ

さわやか市政推進課