メニューをスキップします

現在位置 : ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > いわぬまダイアリー2019年12月(1) | 岩沼市

いわぬまダイアリー2019年12月(1)

更新日:2020121

岩沼ソーラーウェイ太陽光発電所竣工式

ソーラーウェイ竣工式 ソーラーウェイ竣工式

12月3日(火曜日)、藤曽根地区で「岩沼ソーラーウェイ太陽光発電所竣工式」が行われ、施工事業者や市長らが出席しました。
防災集団移転元地を有効活用するために、平成29年度にメガソーラー発電所の建設および運営を行う民間事業者を公募していたもので、国際航業(株)が事業者として選定されました。同社は、約2.8ヘクタールの敷地に太陽光パネル7,164枚を設置し、発電出力は約2,800キロワット(一般家庭の約700世帯分)を計画。11月14日から稼動しています。
防災集団移転元地を活用したメガソーラーは、相野釜、二野倉地区に続く3カ所目となります。

 

中学校部活動支援事業に関する連携協定調印式

bukatutyouinsiki1 bukatutyouinsiki2

12月3日(火曜日)、市役所で岩沼市・仙台大学・指定管理者 代表企業(株)フクシ・エンタープライズによる「中学校部活動支援事業」に関する連携協定調印式が行われました。これにより、フクシ・エンタープライズが持つ人材や仙台大学の指導者を目指す学生を各中学校に派遣し、部活動の支援をすることになります。すでに玉浦中学校ではバレーボール、岩沼北中学校では野球の指導が始まっており、今後は総合体育館などを会場とした拠点型の指導も行っていくこととなっています。

 

すす払い(竹駒神社)

すす払い すす払い

12月3日(火曜日)、竹駒神社で毎年この時期に1年間のほこりを払い落す「すす払い」が行われました。
神職らが社殿に集まり作業の無事を祈り、その後、「ささ竹」と呼ばれる約5メートルの竹に笹を束ねたほうきを使って天井や梁の上に溜まったほこりを払いました。

 

第28回いわぬまエアポートマラソン

エアポートマラソン エアポートマラソン

12月1日(日曜日)、陸上競技場を発着点とするコースで「第28回いわぬまエアポートマラソン」を開催しました。
1.5キロを走るファミリー部門をはじめ、23種目に市内外から2千人を超えるランナーが師走の市内を駆け抜けました。当日は天候にも恵まれ、ランナーはタイムを競いながら、さわやかな汗を流しました。
また、競技終了後のお楽しみ抽選会には、姉妹都市の高知県南国市、友好都市の静岡県袋井市から商品の提供をいただきました。

このページに関するお問い合わせは、さわやか市政推進課まで
〒989-2480 岩沼市桜一丁目6番20号 電話:0223-22-1111 FAX:0223-22-2143
メールフォームヘ

さわやか市政推進課