メニューをスキップします

現在位置 : ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > いわぬまダイアリー2019年9月(4) | 岩沼市

いわぬまダイアリー2019年9月(4)

更新日:2019116

稲刈り体験教室(玉浦小学校)

taue1 taue2

9月30日(月曜日)、玉浦小学校に隣接する田んぼで、地元農家の方の協力をいただき、「稲刈り体験教室」が行われ、玉浦小学校5年生66人が参加しました。
今回収穫した稲は、5月に自分たちで手植えしたもので、収穫を体験して食べ物を作るたいへんさや作っている方への感謝の気持ちを口にする生徒も見られました。

 

ソーシャルライター入門講座

ソーシャルライター入門講座 ソーシャルライター入門講座

9月28日(土曜日)、いわぬま市民交流プラザで「第1回ソーシャルライター入門講座」が開催されました。
この講座は「社会の課題や、その課題に取り組む団体を取材し記事にするコツを学び、社会に向けて発信する」ことを目的とし、現地で取材も行いながら合計3回開催されます。
第1回の講座では、「地域の課題・活動団体を知る」をテーマにグループワークなどを通じて、課題の見方について学びました。参加者は「問題の背景を知ることためにさまざまな視点に立つことの重要さを学べた」と感想を述べていました。

 

シニアドライバー向けサポカー体験会

サポカー体験会 サポカー体験会

9月26日(木曜日)、市民会館で秋の交通安全運動の一環として「シニア向けサポカー体験会および交通事故防止対策セミナー」が行われ、約40人の方が参加しました。
サポカー(セーフティ・サポートカー)とは、経済産業省などが普及を推進する、衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全技術でドライバーの安全運転を支援してくれる車の愛称のことで、参加者は最新の安全装置を搭載したサポカーを体験しました。また、セミナーでは事故を減らす心掛けなどを学びました。

 

ドラムカフェスクール公演(岩沼南小学校)

ドラムカフェスクール公演 ドラムカフェスクール公演

9月17日(火曜日)~20日(金曜日)の間、市内の小中学校でドラムカフェスクール公演が開催されました。
20日(金曜日)は南小で行われ、参加した子どもたちは、復興ありがとうホストタウンの相手国である南アフリカ共和国出身の太鼓奏者によるジェンベ(太鼓)の演奏を聴き、一緒にジェンベやさまざまな楽器を演奏したり、踊ったりして、南アフリカの文化を体感しました。

 

オリンピック・パラリンピック・ムーブメント全国展開事業

平瀬智行さんによる講演 平瀬智行さんによる講演

9月19日(木曜日)、玉浦小学校で元プロサッカー選手で、現在はベガルタ仙台クラブコーディネーターの平瀬智行さんが講演を行いました。
平瀬さんは、子どもの頃から夢を実現させるためのプロセスを一から設定してきたそうです。その目標を達成するのは簡単ではなく、厳しかった高校や現役時代を振り返り、挫折をチャンスに変えてきたと語りました。
最後は子どもたちに「思い描いた未来を作るために、今という時間を大切にしてほしい」とエールを送りました。

 

選挙出前講座

選挙出前講座 選挙出前講座

9月5日(木曜日)、名取高校で「選挙出前講座」が行われ、全校生徒約820人が選挙について学びました。
選挙の意義といった全体的な話のほか、投票所入場券が届いてからの流れや候補者名の書き方など、投票するために必要な情報が説明されました。
模擬投票では、実際の選挙に使われる記載台と投票箱が用意され、代表の生徒が投票を行いました。
3年生の中には、7月の参議院議員選挙ですでに投票したことがあるという生徒も見られ、一人ひとりが選挙を自分のこととして考えられるきっかけとなりました。

このページに関するお問い合わせは、さわやか市政推進課まで
〒989-2480 岩沼市桜一丁目6番20号 電話:0223-22-1111 FAX:0223-22-2143
メールフォームヘ

さわやか市政推進課