メニューをスキップします

現在位置 : ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > いわぬまダイアリー2019年8月(2) | 岩沼市

いわぬまダイアリー2019年8月(2)

更新日:201994

ミクロの世界をのぞいてみよう

ミクロの世界 ミクロの世界

8月17日(土曜日)~22日(木曜日)に市民図書館で、「ミクロの世界をのぞいてみよう」が開催されました。
この催しは、岩沼市出身で国産の電子顕微鏡を開発した故・只野文哉氏の功績をたたえて平成26年から行われています。
朝顔の花粉、くもの糸などを電子顕微鏡に入れて観察し、ふだん見ている物と拡大したときの物の違いに子どもたちは「大きくするとぜんぜん違う」などとても興味を示していました。観察以外に電子顕微鏡で写した物が何かを答えるクイズなどもあり、子どもたちはミクロの世界を楽しんでいました。

 

教育講演会

教育講演会 教育講演会

8月21日(水曜日)、市民会館で前広島県立高陽高校教諭で、現在は(一社)ボトムアップパーソンズ協会代表理事を務める畑喜美夫氏を講師に招き、「自ら考えて積極的に行動する力を育むボトムアップ理論」と題した「教育講演会」が行われ、市内小・中学校の教員約230人が参加しました。
講演では、講師がスライドやマスコミに取材を受けたときの映像を用いて、短い時間でも効率的に成果を上げる部活動の指導方法を話されました。
畑氏は部活動で「実際にプレーする子どもたちに考えさせることが大事」と自主性を大切にする話などをされ、教員は興味深くメモや写真をとりながら聞いていました。

 

おばなざわ花笠まつり

花笠まつり 花笠まつり

花笠まつり 花笠まつり

8月28日(水曜日)、友好都市である山形県尾花沢市で「おばなざわ花笠まつり」が開催され、岩沼市から牡丹の会19人と岩沼市職員互助会35人が参加しました。
県内は雨模様でしたが、尾花沢市では時折晴れ間も出る涼しく気持ちのいい天候となり、踊り手は練習してきた踊りを披露しました。
職員互助会、牡丹の会の順に踊り、先頭には友好都市締結20周年と掲げた旗を持ち、両市の記念の年を祝いました。沿道には「ヤッショーマカショ岩沼」という掛け声を一緒に歌う方もおり、両市の友好が深まる1日となりました。

 

講演会「世界の国旗と国歌」

世界の国旗と国歌 世界の国旗と国歌

8月31日(土曜日)、市民会館で世界の国旗の専門家の吹浦忠正氏とオペラ歌手の新藤昌子氏、ピアニストの東順子氏を講師に招き、「世界の国旗と国歌」と題した講演会が開催され、約100人が参加しました。
東京2020オリンピック・パラリンピックで復興ありがとうホストタウンの相手国である南アフリカ共和国をはじめとした、国旗の解説と国歌の演奏をしていただきました。今歌われている君が代の前に歌われていた君が代も紹介されるなど、参加した方は興味深く講師の話や歌声を聞いていました。

このページに関するお問い合わせは、さわやか市政推進課まで
〒989-2480 岩沼市桜一丁目6番20号 電話:0223-22-1111 FAX:0223-22-2143
メールフォームヘ

さわやか市政推進課