メニューをスキップします

現在位置 : ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > いわぬまダイアリー2020年4月 | 岩沼市

いわぬまダイアリー2020年4月

更新日:2020513

玉浦コミュニティセンター運営開始式

玉浦コミュニティセンター運営開始式

4月1日(水曜日)、指定管理者制度による運営がスタートしたことに伴い、玉浦コミュニティセンター運営開始式が開催されました。指定管理者は、地域の町内会などから組織された「玉浦まちづくり協議会」です。
運営開始式では市長から玉浦まちづくり協議会の会長である大宮一晴さんに協定書が伝達されました。大宮会長は「指定管理を受けるまでに協力していただいた方々に感謝したい。これからは地域をより活性できるようにしたい。」と話されました。

 

 

春の交通安全運動

春の交通安全運動 

4月14日(火曜日)と15日(水曜日)の2日間にわたって、市内の商業施設で「令和2年度春の交通安全運動」の一環である啓発活動が行われました。交通安全母の会の皆さんが、買い物に来た方へ交通安全を呼びかけるチラシと記念品を配布し、交通安全を呼びかけました。

寄贈品贈呈式

4月15日(水曜日)、市役所で寄贈品贈呈式が行われました。フレスコ株式会社より市内の各小学校にスポーツ用品や教育備品をいただき、菊地盛夫代表取締役社長は目録を菊地市長に手渡しました。この度、法人設立70周年を迎えられ、その記念として寄贈いただきました。ご厚意に感謝いたします。

 

被災用地への菜の花作付け

 菜の花

4月28日(火曜日)、蒲崎地区で菜の花畑が満開を迎えました。東日本大震災によって被災した集団移転跡地を新たに利用するための第一歩として、菜の花の作付けが行われました。震災後に営農を再開された農事組合法人玉浦南部生産組合によって、今後農地として利用するために土壌改良の一環として行われたものです。今回初めて種をまき、きれいな花を咲かせていました。

 

寄付金・寄贈品贈呈式

4月30日(木曜日)、市役所で寄付金・寄贈品贈呈式が行われました。岩沼ロータリークラブよりハンドソープと寄付金をいただきました。鳥羽透会長はハンドソープと目録を菊地市長に手渡しました。このハンドソープと寄付金は市内小中学校の新型コロナウイルス感染症対策用としていただきました。ご厚意に感謝します。

このページに関するお問い合わせは、さわやか市政推進課まで
〒989-2480 岩沼市桜一丁目6番20号 電話:0223-22-1111 FAX:0223-22-2143
メールフォームヘ

さわやか市政推進課