メニューをスキップします

現在位置 : ホーム > くらし・手続き > 環境・衛生 > 環境衛生 > 10月1日は「浄化槽の日」です | 岩沼市

10月1日は「浄化槽の日」です

更新日:201893

浄化槽の普及にご理解願います

 10月1日は、「浄化槽の日」です。

 この日は、浄化槽に関する諸制度を整備した「浄化槽法」(昭和58年5月18日公布 法律第43号)が、昭和60年10月1日に施行されたのを記念して、昭和62年に当時の厚生省、建設省、環境庁の3省庁の主唱により設けられました。

 「浄化槽の日」を中心に、「浄化槽法の徹底周知」と、より良い浄化槽、特に水質汚濁の原因である生活雑排水を併せて処理する「合併処理浄化槽の普及促進」を図ることを目的に、「浄化槽の日」実行委員会主催の全国浄化槽大会等の中央行事の他、全国各地で浄化槽関連行事が行われます。

 今後とも、単独処理浄化槽からの合併処理浄化槽への転換などを通じて、合併処理浄化槽の普及促進へご協力をよろしくお願いいたします。

 

浄化槽は維持管理が大切です

 浄化槽は、微生物の働きを利用して汚水を処理する装置です。微生物が活動しやすい環境を保つように維持管理を行うことが大切です。浄化槽の維持管理は、保守点検、清掃、法定検査に分かれますが、浄化槽法でそれぞれ実施することが義務付けられています。

 

保守点検は登録業者に

 浄化槽の保守点検は、機械の点検・補修や消毒剤の補給などを行います。浄化槽保守点検業者の登録制度が実施されていますので、登録業者に委託をしてください。保守点検を行う国家資格者として浄化槽管理士がいます。

 

清掃は岩沼市の許可業者に

  浄化槽内にたまった汚泥を抜き取る作業を清掃と言います。これは岩沼市で許可を受けた浄化槽清掃業者が行うこととなっていますので、許可業者に委託してください。

  リンク:浄化槽の維持管理について(許可業者の一覧を掲載しています)

 

法定検査期間の法定検査を受けてください

  浄化槽の使用開始後3か月を経過した日から5か月の間と、その後は1年に1回、都道府県知事が指定した検査機関の実施する法定検査を受けることが浄化槽法で義務付けられています。義務が遵守されていないときは、都道府県知事から指導・助言、勧告、命令がなされ、命令に従わなければ過料が課せられます。

 

専門業者と委託契約を結びましょう

 維持管理は、あらかじめ専門業者等の委託契約を結んでおけば、定期的に実施してもらえます。

 保守点検業者については宮城県ホームページ、清掃業者については市役所生活環境課のページをご覧下さい。

このページに関するお問い合わせは、生活環境課まで
〒989-2480 岩沼市桜一丁目6番20号 電話:0223-22-1111 FAX:0223-22-1264
メールフォームヘ

生活環境課