メニューをスキップします

現在位置 : ホーム > くらし・手続き > 土地・住宅・道路 > 都市計画・住宅 > 建物等の耐震改修等 > スクールゾーン内の危険ブロック塀等改善事業について | 岩沼市

スクールゾーン内の危険ブロック塀等改善事業について 【受付は終了しました】

更新日:202138

 

市では、スクールゾーン内の通学路や市道等の道路沿いに設置されたブロック塀等の倒壊による事故を未然に防止し、学童をはじめとする通行人の安全を確保するため、危険なブロック塀等を除却し、又は、除却後の跡地にブロック塀等以外の軽量塀等を設置する場合に、その経費の一部を補助しています。

※工事を着手する前に、事前の申請が必要です。工事中又は工事が完了している場合は、補助の対象外となりますのでご注意ください。     

 

ブロック塀等除却補助対象

次の条件のいずれかに該当する コンクリートブロック造、石造、れんが造、その他組積造による塀及び門柱の除却費用

  1. 市道等の道路沿いに設置され、道路からの高さ1メートル(擁壁上の場合は0.6メートル)以上のものが対象です。
  2. 市が設置する公の施設の敷地沿いに設置され、当該敷地からの高さ1メートル(擁壁上の場合は0.6メートル)以上のものが対象です。

<補助金額>
道路からの見付面積1平方メートル当たり4,000円
1件当たりの補助限度額は20万円
※ 鉄製フェンスとの混用塀の鉄製フェンス部分に係る面積は、その見付面積の2分の1とする。また、門柱については、その表面積の2分の1を除却事業の補助対象とする。

生垣等設置補助対象

上記のブロック塀等を除却し、生け垣、フェンス、板塀その他倒壊による事故を防止でき軽量の塀の設置費用

  1. 生け垣を設置する場合は、高さ1メートル以上の苗木を用いて50センチメートル以下の間隔で植栽し、支柱等により適切に固定されるものが対象です。
  2. フェンス、板塀等を設置する場合は、高さ60センチメートル以上のものとし、基礎等を設置するなどして適切に固定されるものが対象です。  

<補助金額>
設置事業に要する費用の3分の1の額
1件当たりの補助限度額は設置延長に4,000円を乗じた額又は10万円のいずれか低い額
※ 設置事業の補助対象となる塀等の設置延長は、ブロック塀等の除却跡地に設置する軽量の塀等の延長とする。

※除却後再びブロック塀等を築造する場合は、建築基準法施行令に定める構造基準に適合するものとし、補助事業以外の塀等を築造する場合においても、安全なものとしなければならりません。   

 

申請書等(必要書類)について

申請時に必要な書類

工事完了後に必要な書類

上記の書類以外にも、申請の際に必要な書類がありますので、詳しくは下記「申込先」へお問い合わせください。

 

申込先

建設部 施設管理課住宅係(電話0223-22-1111内線433,434)へお申込み下さい。

このページに関するお問い合わせは、施設管理課まで
〒989-2480 岩沼市桜一丁目6番20号 電話:0223-22-1111 FAX:0223-23-5888
メールフォームヘ

施設管理課