メニューをスキップします

現在位置 : ホーム > くらし・手続き > ごみ・リサイクル・廃棄物処理 > 台風19号での浸水被害により発生したごみの処理について | 岩沼市

台風19号での浸水被害により発生したごみの処理について

更新日:20191018

一般のご家庭で発生したごみについて

稲わらの処分について

  • 自宅敷地内に流れ込んだ稲わらについては、少量(家庭用燃えるごみ袋で2~3袋程度まで)であれば、通常の燃えるごみの収集日に回収いたしますので、普段ご利用になっているごみ集積所に出してください。
  • 流入した稲わらが大量にある場合については、生活環境課にて回収いたします。自宅敷地内の道路から分かりやすい場所に仮置きしていただき、電話でご相談ください。
  • 流れ込んだ稲わらの片付けでは、地域清掃用の燃えるごみ袋もご使用いただけます。必要な方は生活環境課にて配布しておりますので、お問合せください。

 

汚泥の処分について

  • 自宅敷地内に流入した汚泥については、生活環境課で回収を行っていますので、電話でご相談ください。
  • 回収を依頼される場合は、土のう袋に入れていただき、自宅敷地内の道路から分かりやすい場所に仮置きをお願いします。
  • 土のう袋は生活環境課で配布しておりますので、必要な方はご相談ください。

 

粗大ごみの処分について

  • 浸水被害により使用できなくなった粗大ごみも生活環境課で回収を行っています。
  • 一旦自宅敷地内に仮置きしていただき、生活環境課にご相談ください。
  • なお、災害ごみは集積所に置いても回収いたしません。絶対に集積所に出さないでください。

 

事業所で発生したごみについて

  • 浸水被害によって発生したごみのうち、事業所等の敷地内に流れ込んだ大量の稲わら及び汚泥については生活環境課にて回収を行っております。
    稲わらは燃えるごみ袋に、汚泥は土のう袋にいれて、敷地内へ仮置きしていただき、生活環境課へご相談ください。
  • なお、浸水に伴って廃棄が必要となった商品や機材などは回収できません。
    通常どおり事業系ごみとして処分をお願いいたします。

このページに関するお問い合わせは、生活環境課まで
〒989-2480 岩沼市桜一丁目6番20号 電話:0223-22-1111 FAX:0223-22-1264
メールフォームヘ

生活環境課