メニューをスキップします

現在位置 : ホーム暮らしの便利帳(健康・福祉)お知らせ

つつが虫病患者の発生について(注意喚起)

更新日:2018524

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づき、宮城県(仙台市内)において今年度初めてのつつが虫病患者の発生届出が、医療機関からありました。
つつが虫病は、ツツガムシ(ダニの一種)に刺された時に感染します。潜伏期間は5~14日とされ、発熱や発疹が主な症状となります。ヒトからヒトへの感染はありません。
今後、山菜取りやレジャーなど屋外での活動の際は十分にお気をつけください。

 

つつが虫病の予防対策

山林、原野、河原等に入るときは、次のようなことに心がけましょう。

  1. 長靴や手袋を着用する。
  2. 衣服は、長そでのものを着用する等、素肌を出さないようにする。
  3. ダニ忌避剤の使用も有効とされている。
  4. 草むらに直接座ったりしない。
  5. 帰宅したら風呂に入り、風呂の中で体の皮膚(特に内また等のやわらかいところ)をなでてみて、トゲが刺さったような感じがするところがあるときには、医師の診察を受ける。
  6. 脱いだものは全て洗濯する。
  7. 早期診断、早期治療が大切なので、わきの下等のリンパ腺が腫れたり、高熱、発疹等が出たりしたときは、直ちに医師の診察を受ける。この場合、最近10日間ぐらいの間に、山林、原野、河原等に行ったことがあれば、忘れずにそのことを医師に告げる。

このページに関するお問い合わせは、健康増進課まで
〒989-2480 岩沼市桜一丁目6番20号 電話:0223-22-1111 FAX:0223-22-1315
メールフォームヘ

健康増進課