メニューをスキップします

現在位置 : ホーム > 健康・福祉 > 健康づくり > 感染症情報 > 全国を対象とした「緊急事態宣言」の発令を受けての知事から県民への協力要請 | 岩沼市

全国を対象とした「緊急事態宣言」の発令を受けての知事から県民への協力要請

更新日:2020420

 令和2年4月16日、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、全都道府県が新型インフルエンザ等緊急事態宣言等の対象区域となり、以下のとおり知事から外出の自粛及び催物開催の自粛が要請されましたのでお知らせいたします。

1.要請内容

(1)外出の自粛について
特措法第45条第1項に基づき、県民に対し、生活の維持に必要な場合を除き、外出の自粛を要請します。

・医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、屋外での運動や散歩など、生活の維持に必要な場合を除き、原則として外出しないことを要請します。

・やむを得ず外出する場合でも「密閉」「密集」「密接」を避ける行動を徹底することや、こまめな手洗い、マスクの着用、手が触れる物や箇所の消毒などを行い感染予防に努めるとともに、買い出しは一人で行くなど、必要最小限の人数や時間での外出、在宅勤務(テレワーク)や時差出勤などの徹底に務めてください。

・特に、繁華街の接待を伴う飲食店等については、年齢等を問わず、強く自粛を要請します。

・また、大型連休期間においては、不要不急の帰省や旅行など、県をまたいで移動することは自粛するよう要請します。

(2)催物開催の自粛について
特措法第24条第9項に基づき、イベント主催者に対し、催物開催の自粛を要請します。

・屋内外を問わず、複数の者が参加し、密集状態等が発生するおそれのあるイベント、パーティー等の開催について、自粛を要請します。

<具体例>
パーティー・物産展・式典・講演会・研修会・スポーツ行事等
※生活の維持に必要なものについては、感染予防・拡大防止策を徹底

 

2.期間

令和2年4月17日(金)から同年5月6日(水)まで

岩沼市