メニューをスキップします

現在位置 : ホーム > 健康・福祉 > 健康づくり > 新型コロナウイルス関連肺炎について(注意喚起) | 岩沼市

新型コロナウイルス関連肺炎について(注意喚起)

更新日:2020630

新型コロナウイルス感染症に対する市主催行事等の対応についてのページはこちら

新型コロナウイルス感染症の予防と備えについて

「新しい生活様式」を実践しましょう

感染拡大を予防するためには、市民のみなさま一人ひとりが「新しい生活様式」を実践、定着していくことが大切です。以下に、実践例を紹介しますので、日常生活の中に取り入れてください。

「新しい生活様式」の実践例

基本的な対策を確実に行いましょう

ゼロ密をめざしましょう手洗いと咳エチケット
 

熱中症に気をつけましょう

熱中症は、気温が高いなどの環境下で、体温調節の機能がうまく働かず、体内に熱がこもってしまうことでおこります。屋外だけでなく、室内でも注意が必要です。特に、高齢者、子ども、障害者の方など、熱中症になりやすいため、今年度は「3密」を避けながら、十分な予防対策を心がけましょう。

熱中症予防行動
熱中症に関する詳しい情報はこちらへリンク⇒環境省「熱中症予防情報サイト」

外出についての段階的緩和の目安

外出や旅行については、当面の間、慎重な対応をお願いします。なお、これまでに集団発生がおきた施設の例としては、スポーツジム・スポーツクラブ教室等の屋内運動施設、バー、カラオケ、ライブハウス、キャバレー・ナイトクラブ等の接待を伴う飲食店があげられます。利用する際は、十分な予防対策に努めましょう。

 

外出についての段階的緩和の目安

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のインストールをお願いします

 厚生労働省では、新型コロナウイルス感染症の感染者と接触した可能性について、通知を受け取ることできるアプリ(COCOA:ココア)を開発しました。利用者は、陽性者と接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。また、利用者が増えることで、感染拡大の防止につながることが期待されます。自分をまもり、大切な人をまもり、地域と社会をまもるために、接触アプリのインストールをお願いします。

接触確認アプリの詳細、インストール方法については、こちらPDFファイル(797KB)をご覧下さい。

心配な症状がみられたときの対応について

相談・受診の目安について

1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと
●発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
●発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。
●基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談下さい。
2.宮城県の健康相談窓口にご相談いただく目安
少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐにご相談下さい。(これらに該当しない場合の相談も可能です。
息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がある場合
(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ずご相談下さい。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)
(妊婦の方へ)
妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに宮城県の健康相談窓口にご相談ください。
(お子様をお持ちの方へ)
小児については、小児科医による診察が望ましく、宮城県の健康相談窓口やかかりつけ小児科医療機関に電話などでご相談ください。
※なお、この目安は、市民の皆様が、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。
3.相談後、医療機関にかかるときのお願い
●複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控え下さい。
●医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

宮城県の健康相談窓口

☆新型コロナウイルス感染症に関する健康相談窓口(コールセンター)
    電  話:022-211-3883、022-211-2882
    受付時間:24時間対応
           外国語で相談できますPDFファイル(406KB)
☆聴覚や言語に障害のある方専用に次の方法でも受付しています。
    FAX:022-211-3192
    E-mail:sodan-corona@pref.miyagi.lg.jp
☆通訳が必要な人の一般電話相談窓口(みやぎ外国人相談センター)
    電  話:022-275-9990
    受付時間:平日9時~17時

詳しくはこちらへリンク⇒宮城県リーフレット「新型コロナウイルスを防ぐには」PDFファイル(644KB)

ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合の家庭内でご注意いただきたいこと

家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~PDFファイル(950KB)
新型コロナウイルス感染症市民向け感染予防ハンドブック[第2版] PDFファイル(1841KB)

その他の役立つ情報

マスクが手に入らなくてお困りの方へ(令和2年5月末をもって終了)

マスクの流通については、少しずつ改善が見られるため、令和2年5月末をもって、備蓄マスクの配布を終了します。
なお、下記に該当する方で、現在もマスクが買えず通院など外出時にお困りの方は、健康増進課(22-1111 内線345、346)までご相談ください。
●在宅酸素、糖尿病、呼吸器疾患などの方
●人工透析を受けている方
●妊婦の方
※布製マスクの作り方やお手入れ方法、国の布製マスク全戸配布に関することは、以下のリンク先に掲載中です。
※保健センターにおいて、市内作業所で作成した布製マスクを販売を行っています。

詳しくはこちらへリンク ⇒ マスクが手に入らなくてお困りの方へ 

LINE公式アカウント「宮城県-新型コロナ対策パーソナルサポート」サービスについて

宮城県は、LINE株式会社の協力のもと、LINEを活用した相談・情報提供サービスを行っています。
宮城県のLINE公式アカウントと友達になり、ご自身の状態を回答いただくことで、ご自身の状態に合わせた、新型コロナウイルスに関する対策や情報などが提供されます。
また、新型コロナウイルス対策を進めるためには、皆さまの今の状況を理解把握することが必要です。皆さまから提供された情報は、研究者の皆さんと連携して分析することで、新型コロナウイルスの実態を把握し対策を実施することに役立てられます。

利用登録・使い方はこちらへリンク⇒LINE公式アカウント「宮城県-新型コロナ対策パーソナルサポート」について

みやぎお知らせコロナアプリ(MICA)について

宮城県は、過去にクラスターが発生した業種の店舗が独自に取り組む「店舗の信頼確保・利用者への安全安心の提供・店舗における感染拡大防止」等の対策を支援するため、店舗において感染者が認められた場合に、利用者に対して、迅速に感染情報を伝達するアプリの運用を開始しました。
対象は、過去に全国的にクラスターが発生した業種の店舗で、利用するには、店舗の登録・利用者のメールアドレス登録が必要です。

登録方法・使い方はこちらへリンク⇒みやぎお知らせアプリ(MICA)の運用を開始しました

新型コロナウイルス感染症に関するリンク集

<厚生労働省ホームページ>
新型コロナウイルス感染症について 
<新型コロナウイルス感染症に関するQ&A>
一般の方向けQ&A
<首相官邸ホームページ>
感染症対策特集~様々な感染症から身を守りましょう~
新型コロナウイルス感染症に備えて~一人ひとりができる対策を知っておこう~ 
<国立感染症研究所ホームページ>
人に感染するコロナウイルス
<宮城県ホームページ>
新型コロナウイルス関連サイト
新型コロナウイルス注意喚起チラシPDFファイル(295KB)

このページに関するお問い合わせは、健康増進課まで
〒989-2480 岩沼市桜一丁目6番20号 電話:0223-22-1111 FAX:0223-22-1315
メールフォームヘ

健康増進課