メニューをスキップします

現在位置 : ホーム > 健康・福祉 > 介護 > 「第18回介護保険推進全国サミットinいわぬま」 | 岩沼市

「第18回介護保険推進全国サミットinいわぬま」

更新日:2022825

「第18回介護保険推進全国サミットinいわぬま」記録集を公開します

 平成29年10月5日(木)、6日(金)に開催した「第18回介護保険推進全国サミットinいわぬま」の記録集を公開します。以下のPDFをダウンロードしてご覧ください。

「第18回介護保険推進全国サミットinいわぬま」へのご参加ありがとうございました

 平成29年10月5日(木)、6(金)に開催した介護保険推進全国サミットには、2日間合わせて約1,600人の方が参加し、会場となった岩沼市民会館・中央公民館、岩沼市総合体育館は多くの方でにぎわいました。
 今回のサミットは、『地域共生社会に向けて-環境や人づくりによる「地域包括ケアシステム」の推進-』をメインテーマに、有識者による基調講演や分科会等を通して、介護保険制度を取り巻く環境や課題について理解を深めました。また、震災からの復興状況を全国の方々に見て頂き、感謝の気持ちを岩沼から発信することができました。
 大会終盤には、介護保険推進全国サミットのシンボルとなっている「転ばぬ先の杖」が、次回開催地の愛知県長久手市の吉田市長に菊地岩沼市長から手渡されました。
 介護保険推進全国サミットに参加していただいた皆様、開催にあたりご支援・ご協力いただいた関係者の皆様、誠にありがとうございました。
                            
                  【岩沼市長より長久手市長へ引継ぎ】    

「第18回介護保険推進全国サミットinいわぬま」を開催します

  この介護保険サミットは、保健・医療・介護・福祉関係者、行政及び地域住民が集い、介護に関する有識者の講演会や先進的事例に基づく分科会などを行うのもので、平成12年から全国各地で毎年開催されており、平成29年10月5日(木)、6日(金)の2日間にわたり、岩沼市民会館をメイン会場に宮城県内で初めて実施されます。
 今大会は、震災からの復興を通じ、地域包括ケアには必要不可欠となる「地域住民の力」「まちづくり」を全国へ情報発信していきます。
 開催に先立ち、サミットを開催する自治体に引き継がれてきた「転ばぬ杖」を、総合福祉センター入口正面に展示しています。総合福祉センターへお立ち寄りの際は、ぜひご覧ください。

転ばぬ先の杖
【前回開催地である岡山市より引継ぎ】

第1回介護保険サミット実行委員会を開催しました

 平成29年5月17日(水)に岩沼市総合福祉センターにおいて、「第18回介護保険推進全国サミットinいわぬま」第1回実行委員会が行われ、保健医療・福祉・介護など25の団体の代表者が出席し、介護保険サミットの実施計画やプログラムなどについて、協議が行われました。

第1回実行委員会
【実行委員会の様子】

このページに関するお問い合わせは、介護福祉課まで
〒989-2427 岩沼市里の杜三丁目4-15 電話:0223-24-3016 FAX:0223-24-3087
メールフォームヘ

介護福祉課