メニューをスキップします

現在位置 : ホーム > 防災・防犯・復興関連 > 防災・防犯 > 防災情報 > 岩沼市防災ラジオについて(有償配布は終了しました)| 岩沼市

岩沼市防災ラジオについて(有償配布は終了しました)

更新日:201971

岩沼市防災ラジオについて ※有償配布は終了しました

 災害発生時、適切な避難行動を行うためには、緊急情報の入手が重要です。

 市では、災害や気象情報および避難に関する情報を迅速かつ的確に伝達するため、防災ラジオ(緊急告知ラジオ)を導入しており、市内に居住する方または市内に事業所を有す方に有償配布しました。※令和元年6月末で有償配布終了
 この防災ラジオは、市および「エフエムいわぬま」から発信される緊急割込放送を自動受信できますので、屋内では聞き取りにくい防災行政無線(屋外拡声子局)を補完する役割を持ち、市域内の緊急情報を確実に収集できるものです。

<岩沼市防災ラジオ>

岩沼市防災ラジオ

 

岩沼市防災ラジオの特徴

  • ラジオの電源が入っていなくても、電源のACアダプタがコンセントに差してあるか、ラジオ本体に乾電池が入っていれば、緊急割込放送を受信してラジオが自動で起動し、最大音量で緊急情報を放送します。
  • 緊急割込放送を受信した際は、緊急ランプが点滅し、照明ランプが点灯しますので、視覚でも確認することができます。
  • 平常時は通常のラジオ(AM・FM)として利用することができます。
  • 緊急割込みされる内容は、緊急地震速報、気象特別警報、土砂災害警戒情報、市からの避難に関する情報(避難勧告等)などです。

 

 ※電池に関するご使用上の注意

  • 防災ラジオはラジオの電源を切っても常に緊急放送を受信できるよう待機状態となっておりますので、日常ではACアダプターを必ず使用してください。ACアダプタプラグをラジオの電源ジャックへ、奥までしっかりと差し込んで使用してください。
  • この防災ラジオで電池を使用する想定はあくまで停電時であり、日常でのラジオ聴取を想定しているものではありません。そのため、電池のみでご使用の場合の電池の寿命は、ラジオを聴取していない待機状態で約4日間、通常音量で聴取している状態で約1日半(40時間程度)です。
  • 電池は、アルカリ単3乾電池を必ず使用してください。
  • 期限切れの電池は使用しないでください。

このページに関するお問い合わせは、防災課まで
〒989-2480 岩沼市桜一丁目6番20号 電話:0223-22-1111 FAX:0223-24-0897
メールフォームヘ

防災課