メニューをスキップします

現在位置 : ホーム > 健康・福祉 > 健康づくり > 熱中症に注意しましょう

熱中症に注意しましょう

更新日:2018720

熱中症とは

熱中症は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態をいいます。屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。熱中症について正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに、周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

熱中症予防のポイント

室内では、室温をこまめに確認し扇風機やエアコンで温度を調整しましょう。また、遮光カーテンやすだれ、打ち水を利用するのもよいでしょう。外出時には、日傘や帽子を着用し、日陰を利用するなどしてこまめな休憩をとるように心がけましょう。天気のよい日や気温や湿度が高くなる日は不要不急の外出は控えるようにしましょう。

からだの蓄熱を避けるために、通気性のよい涼しい衣服や、吸湿性・速乾性のある衣服を着用し、また保冷剤や氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やすようにしましょう。その際は、特に首や脇の下、鼠径部(足の付け根)など、大きな血管がある場所を冷やすようにすると効果的です。また室内外を問わず、のどの渇きを感じていなくても、こまめに水分(1時間にコップ1杯程度)や塩分、経口補水液(水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの)などを補給しましょう。

熱中症の症状

軽症 : めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない

中等症 : 頭痛、吐き気、体がだるい(倦怠感)、虚脱感

重症 : 意識がない、けいれん、高い体温、呼びかけに対し返事がおかしい、まっすぐに歩けない・走れない 

熱中症になった時の処置

まずは意識を確認しましょう。意識があり、呼びかけへの反応が正常な場合は、涼しい場所へ避難させた後、衣服をゆるめてからだを冷やし、水分・塩分を補給しましょう。ただし、意識があっても自力で水が飲めない、症状が改善しない場合は、直ぐ救急車を要請しましょう。意識がなかったり、呼びかけへの反応がおかしい場合は、直ちに救急車を要請し、到着を待つ間に涼しい場所へ避難させ、衣服をゆるてめからだを冷やし、救急車が到着し次第、医療機関に搬送しましょう。

熱中症対策について詳しくは以下のリンクをご覧ください

環境省熱中症予防情報サイト

このページに関するお問い合わせは、健康増進課まで
〒989-2480 岩沼市桜一丁目6番20号 電話:0223-22-1111 FAX:0223-22-1315
メールフォームヘ

健康増進課