メニューをスキップします

現在位置 : ホーム > 防災・防犯・消防 > 復興関連・被災者支援 > 南アフリカ共和国の「復興ありがとうホストタウン」に決定しました

南アフリカ共和国の「復興ありがとうホストタウン」に決定しました

更新日:2018117

「復興ありがとうホストタウン」について

復興ありがとうホストタウンとは

「ホストタウン」とは、東京2020大会に向けて、スポーツ立国、グローバル化の推進、地域の活性化、観光振興等に資する観点から、特定の自治体が応援する参加国・地域の「ホストタウン」となり、人的・経済的・文化的な交流を図ることを推奨している国の制度です。

「復興ありがとうホストタウン」とは、その中でも、被災3県(岩手県、宮城県、福島県)の自治体を対象に、震災時に支援してくれた海外の国・地域に復興した姿を見せつつ、住民との2020年に向けた交流、また、オリンピック・パラリンピックが終了した後の事後交流を行うものになります。

 

南アフリカ共和国の「復興ありがとうホストタウン」に決定しました。

平成30年11月2日、南アフリカ共和国を相手国とする「復興ありがとうホストタウン」として、国より決定をいただきました。

東日本大震災において、南アフリカ共和国の皆様からは救助活動をはじめ、避難所への訪問や小学校等でのジェンベ(アフリカの太鼓)の演奏などのご支援をいただいております。

今後、南アフリカ共和国の皆様との交流実現に向け取り組んでまいります。

詳しくは下記の内閣官房ホームページをご覧ください。

リンク先:内閣官房ホームページ

このページに関するお問い合わせは、復興創生課まで
〒989-2480 岩沼市桜一丁目6番20号 電話:0223-22-1111 FAX:0223-24-0897
メールフォームヘ

復興創生課